[160619]6/19(日)【第2回エネルギー医学シンポジウム】水と光が織りなすマトリックス

6,000円(内税)

  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons50.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />[160619]6/19(日)【第2回エネルギー医学シンポジウム】水と光が織りなすマトリックス
購入数
*webでの前売販売は17日正午までとなります。
*その後のお申込みは当日会場で受付を致します。直接会場へおこし下さい。
当日料金は、+500円となります。

【当日料金価格】
.轡鵐櫂献Ε燹6,500円
日本ホリスティック医学協会会員 5,500円
▲轡鵐櫂献Ε燹楔鯲会(限定30名) 9,500円

■概要



近年、健康や医療において、人間を「ボディ・マインド・スピリット」からなる存在として捉える
考え方が認識されつつあります。この考えを理解するのに重要な概念が「エネルギー」であり、
現在、最先端の科学によって様々な検証が行われています。そういった概念のもとに、
人間そのものをエネルギーとして観る先端的な取り組みが「エネルギー医学」です。

昨年の第1回エネルギー医学シンポジウムでは、エネルギー医学を多角的に学び、
将来の方向性への理解を深めることができました。

第2回目となる今年は、『水と光が織りなすマトリックス』と題し、エネルギーが身体を流れていく際の
重要な媒体と考えられる「水」についての最先端の研究をご紹介します。また、エネルギー療法の体験を通じて、
エネルギーへの理解をさらに深めたいと思います。

初めてエネルギー医学にふれる方、エネルギーのことは意識せずに実践してきたボディワーカーの方、
エネルギー療法を実践しているセラピストの方、エネルギー医学を学んできた方、全ての方に、
新たな視点とエネルギー医学の可能性に対する理解と信頼を一層深めていただく機会となれば幸いです。

皆さまのご参加をお待ちしております。


<こんな方におすすめ>

・エネルギーに対する漠然とした感覚や認識を、より現実的かつ具体的に理解したい方

・心身の健康のために、自身の体についてより深く知りたい方

・エネルギーやエネルギー医学に興味のある方

・ホリスティックに身体を観れることを目指す各種セラピスト、ボディワーカー、医療従事者

・エネルギー医学について適切な知識、科学的根拠を理解したい医療従事者


■プログラム


[第1部]

開場 9:40
開演・挨拶 10:00

1)10:10〜11:10(60分) 「ハートから行うヒーリングタッチを体験する」


戸田美紀
ヒーリングタッチは、1989年に米国ホリスティック看護師協会の依頼で看護師ジャネット・メンゲンが
確立したエネルギー療法です。優しいタッチを使って、人の内外に広がるエネルギーシステムに働きかけ、
身体的、感情的、思考的、スピリチュアルな健康をバランスさせ、自然治癒力を活性化します。
米国では多くの病院で導入され、世界中で100,000人を超える人が共通のカリキュラムで学んでいます。
本シンポジウムでは、ヒーリングタッチの基礎とワークを実践します。
ご自身、そして、身近な人に対してすぐに行うことができるヒーリングタッチのテクニックを学びます。

2)11:20〜12:20 (60分) 「ヒトの潜在能力から、レイキ(靈氣)の本質を探る」

市江雅芳
レイキ(靈氣)は「全ての生き物に共通して流れる根源的な生命エネルギー」であり、
念や意図を込めず無心に手を当てるときに純粋無垢な最上のエネルギーが流れます。
講演では、エネルギーワークを通してヒトの潜在能力を実感していただきます。
また、様々なエネルギー療法の中におけるレイキの立ち位置について、
エソテリック・ヒーリングの視点も含めて解説します。
※簡単に曲がらないスプーン、紙コップ2つと水をご持参ください。
休憩(60分)

3)13:30〜14:45 (75分) 「最先端の水の科学:『水からの伝言』『第四の水の相』
『DNAテレポーテーション』について」


根本泰行
1999年に出版された『水からの伝言』は、水の結晶写真を通して、「水は情報を記憶する」ということを
示唆してきたが、過去7〜8年の間に、世界のトップレベルの科学者たちから、「水の情報記憶」を科学的に
証明する―もしくは極めて強く示唆する―証拠が提示されてきている。
本講演においては、『水からの伝言』の概要を説明した後、「最先端の水の科学」として、ポラック博士の
「第四の水の相」とモンタニエ博士の「DNAテレポーテーション」に関する研究について、専門外の人にも
分かりやすく紹介し、それらの関連について議論する。

4)14:55〜15:40(45分) 「エネルギー医学の原理〜量子生物学・解剖学の知見から」

降矢英成
「エネルギー医学」という概念が成立するためには、私たちの身体にどのようなエネルギーがどういう
仕組みで働いているのか、という「エネルギー医学の原理」とでも呼ぶメカニズムが欲しいところです。
ここでは、身体のエネルギー伝達経路のこれまでの仮説を中心に、水が、エネルギー伝達に重要な役割を
果たしているだろうこと(身体マトリックスは水と光によって成立しているだろうこと)について、
そして、「身体のタンパク質と水」についてなどを量子力学の知見を中心に、ご説明したいと思います。


5)15:50〜16:35(45分) 「人間の生体リズムとバイオフォトン(光子)〜地球の変化に人間は適応出来るのか?」


寺岡里紗

私たちのボディ・フィールドは常に環境に適応しながらダイナミックにバランスを取っています。
しかし近年の急激な地球環境の変化に適応するには、強いエネルギーフィールドとエネルギーチャージが
十分に出来るボディ・フィールドを形成する必要があります。
それには細胞とマトリックス(結合組織)構造の光吸収が重要なカギとなります。
情報レベルでの光吸収と生体のリズムの関係についてお話します。


休憩(15分)

6)16:45〜17:25(40分)
ダイアログ・質疑応答

7)18:00〜20:30 交流会


前回開催時に多数のご要望をいただきましたので、この度交流会を行う運びとなりました。
「エネルギー医学」にご興味のある他業種の参加者の方々、また講師との交流、情報交換などの場として
有意義にご利用ください。
※交流会ご参加の場合のお申込みはこちらから
 http://holiken.net/?pid=99657311


■日時


 6月19日(日)10:00〜17:30
 交流会 18:00〜20:30
 

■場所


KFC Hall & Rooms KFC Rooms 101〜103
http://www.tokyo-kfc.co.jp/


■定員


165名


■販売価格




6,000円(税込)

※交流会とセットの場合、割引となります。ご希望の方はこちらからお申込みください。
http://holiken.net/?pid=99657311

※お支払は銀行振り込みでお願いします。
※当日現金でお支払の場合は、事務手数料として別途500円を頂戴します。


■持ち物


・筆記用具
・ミネラルウォーター500ml・ステンレススプーン・紙コップ2ヶ(第1部のワークで使用いたします。)


■ご質問・お問い合わせ


お問い合わせはホリスティックヘルスケア研究所"エネルギーセラピー事業部” までお願い致します。

energy@holiken.jp



※UTLヨガスクールへのお問い合わせはご遠慮下さい。


■講師



[第1部]


戸田 美紀
ヒーリングタッチ東京代表
HTI認定ヒーリングタッチ・プラクティショナー/インストラクター

HTI認定ヒーリングタッチ・プラクティショナー/インストラクター。ヒーリングタッチ東京代表。
植物療法・エネルギー療法を中心とした補完代替療法家歴14年。
2007年、日本で初めてヒーリングタッチの正規カリキュラムを開催し、その普及活動を展開中。
現在、持続環境学博士課程に在籍、アマゾンにて薬用植物の利用と現代医療をテーマに研究中。
自然環境およびハートの力と健康・変容の関係性を探求しながら、ホリスティックヘルスと
生命エネルギーシステムの認知向上と理解の普及に努める。


市江 雅芳
東北大学大学院医学系研究科音楽音響医学分野 教授

東北大学大学院医学系研究科音楽音響医学分野教授、医学博士、リハビリテーション科専門医、
日本統合医療学会認定医、日本アロマセラピー学会認定医、日本ホリスティック医学協会理事、
日本音楽健康協会学術顧問、直傳靈氣師範、
日本生涯学習協議会認定レイキ・ティーチャー、米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト。
人の生命エネルギーを感じるワークショップ通して、唯物論的科学教育にとらわれないホリスティックな
視点を持った医療者や研究者の育成に力を注いでいる。


根本 泰行
理学博士(生物学)。合同会社オフィス・マサル・エモト代表。IHM総合研究所所長。2級電磁波測定士。

1988年に東京大学より理学博士を取得。
日本、マイアミ、ホノルルの大学で研究を行った後、2002年1月から故・江本勝会長の元で国際秘書として
働き始めた。以来13年間にわたって江本会長の海外講演ツアーに同行し、世界25ヶ国以上を訪れた。
江本会長の仕事における科学的な側面を担当している。
2016年4月にはワシントン大学教授のポラック博士を日本に招聘し、「第四の水の相」に関する
講演会&セミナーを開催した。
「第四の水の相」は構造化された液体の水の相と考えることができるが、様々な情報を記憶する可能性を
持っており、「第四の水の相」を考えることによって、「水からの伝言」で提示されている現象の科学的な
仕組みを解明できるかも知れない、とポラック博士は発言している。


降矢 英成
赤坂溜池クリニック院長
東京医科大学卒業。日本心身医学会専門医。NPO法人日本ホリスティック医学協会会長。
医学生時代からホリスティック医学に関心をもち、バイブレーショナル・メディスン、フィールド、
生体マトリックス、量子場脳理論などエネルギー医学のメカニズムに関心が強い。


寺岡里紗 
NES Health Japan、NES公認トレーナー

次世代の医療、ヘルスケア、ヒーリングなどあらゆる領域の基本概念となる「エネルギーと情報」を
ベースとした「インフォメーショナル・メディスン(情報医学)」
を日本に初めて紹介し、その啓蒙活動を展開中。
また、ボディ、マインド、スピリットをホリスティックに分析するシステムを使ったNESセラピーの
トレーナー及びプラクティショナーとしてその普及と教育にも従事する。



「予約確認メールが届かない」というお問い合わせが増えています。
予約手続きの前に以下を確認ください。なお、予約申込後、メールが届かない場合は、
必ずホリスティックヘルスケア研究所ワークショップ予約センター 
ws@holiken.jp
までご連絡ください。

<ドメイン指定受信をされている方へ>
携帯電話以外からのメールを受信できない設定の方は、「holiken.jp」ドメインからのメールを
受信できるように設定してください。
<フリーメール(Yahoo!メール、hotmailなど)をご利用の方へ>
迷惑メールのフォルダをチェックしてください。ホリスティックヘルスケア研究所からのメールが
迷惑メールに振り分けられている可能性があります。