[150726] 7/26(日)【第1回エネルギー医学シンポジウム-エネルギ−医学の最前線−】最先端のヘルスケアを先取りする

4,500円(内税)

  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons47.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />[150726] 7/26(日)【第1回エネルギー医学シンポジウム-エネルギ−医学の最前線−】最先端のヘルスケアを先取りする
購入数
※売り切れの表示になっておりますが、当日会場で受付をいたします。
直接会場へおこし下さい。4,500円おつりがないように、ご準備いただけると助かります。


■概要



今日、医学・医療の世界は驚くべき進歩を遂げており、私たちに多くの恩恵をもたらしてくれています。
そして最近では、西洋医学でカバーできない領域において代替医療の重要性が増しその有用性が
注目されています。
代替医療を中心に「ボディ・マインド・スピリット」という考え方が広まってきていますが
これらのつながりを理解するのに重要な概念が、近年専門的な意味で「エネルギー」といわれるものです。
この概念をもとに人間もエネルギーとして捉え、より全体的、包括的に人間をみる先端的な分野の一つを
エネルギー医学とよんでいます。

最先端の科学がこのエネルギーの存在を客観的かつ冷静に明らかにしている今、医学の世界でも、
このエネルギーが認知されつつあります。
海外では、エネルギーを測定する機器も次々と開発、実用化され、医療や栄養学、臨床心理、教育分野などで
活用され、また日本でも、医療やスピリチュアルの世界のみならず、ヘルスケア、こころのケア
フィットネスなど、一般的な分野でも、多くの人たちが注目し始めています。
この世界中で起きている流れを日本に根付かせるための一つの試みとして、「エネルギー医学シンポジウム」を開催し各専門家による様々な最先端かつ、信頼できるエネルギー医学の情報をご提供します。

また、この活動により西洋医療と代替医療が協力しあう統合医療に対する理解への普及に貢献していきたいと思っています。

主催:株式会社 ホリスティックヘルスケア研究所
共催:NPO法人日本ホリスティック医学協会


参加対象者:
・エネルギーに対する漠然とした知識をより現実的かつ具体的に得たい方
・ホリスティックに身体を観れるようになりたい 各種セラピスト、ボディワーカー、医療従事者
・医療現場の観点からエネルギー医学について冷静な知識を得たい方
・最新のエネルギー医学について知りたい方
・心身の健康を維持するために自分の体を知りたい方


■プログラム


[昼の部]

開場 10:00

1)10:30〜12:00(90分) 「ザ・リヴィング・マトリックス」上映会
*ヒーリングを科学的に研究している専門家たちのドキュメンタリー映画

休憩(60分)

2)13:00〜13:40(40分) 「エネルギー医学の原理 〜ホリスティックな医学のためのキー」

降矢英成(赤坂溜池クリニック院長)

ホリスティック医学では、人間をbody−mind−spiritの視点でとらえます。そして、この3つを繋げるキーとして名著『バイブレーショナル・メディスン」では、その要素を「エネルギー」「バイブレーション」としていることからも今後の医学、医療においてエネルギー、バイブレーション、情報(インフォメーション)
という要素が重要になってくると思われます。エネルギー的な量子解剖生理学の視点もご紹介しながら
エネルギー医学の原理についてお話しさせていただきたいと思います。


3)13:45〜14:25(40分) 「情報医療は何ができるのか?欧米で開発が進むデバイスとその可能性をさぐる」

寺岡里紗(NES HEALTH JAPAN、NES公認トレーナー、NESセラピープラクティショナー)

情報医療とは、慢性病や原因のわからない不調がエネルギー的にみると、どのようなメカニズムで起こって
いるのか、感情や臓器とどのように関わっているのか、毒素や、化学物質などの環境との繋がりも含め、
これまで全く関係ないと思われて来たこと、関係性がよくわかっていなかったものなどを、ホログラフィックに情報が記録されているフィールドを通して読み解くことで、それぞれの関係性、物質レベルの症状の背景に流れる「情報」を受け手に提示します。

その情報によって「気づき」が起こると、エネルギー効率が一気にアップし本来のダイナミックな治癒力の
発動が起こります。このメカニズムをわかりやすくお話させて頂きます。

休憩(15分)

4)14:40〜15:20(40分) 「エネルギー科学〜医学の究極の理論を提示するアリス・ベイリーとエソテリック・ヒーリング」 

神尾学(ホリスティックヘルスケア研究所 所長)

人間を肉体のほか、見えない身体であるエーテル体・アストラル体・メンタル体・魂(コーザル体)によって構成される複合的なエネルギー場としてとらえる神智学の人間観が、エネルギー医学でもかなり一般的に採用されている状況にあります。神智学を引き継ぐアリス・ベイリー情報では、それをさらに普遍化したエネルギー的宇宙論と言えるものが、超高次元に展開するホログラフィックな数学的構造モデルとして提示されていたことが、演者によるテキスト解読によって明らかになってきました。エソテリック・ヒーリング(〜『秘教治療』)は、その人間=小宇宙における展開を示したもので、今後数百年先の医療の発展まで見越したエネルギー医学を支える究極の仮説と言えます。

5)15:25〜16:05(40分) 「エネルギー科学という見地から現場医療をみてみると」

渡辺奈津(医療法人あすなろ会わたなべ皮膚科形成外科 理事長)

エネルギー科学の研究、進展はめざましいものがある。また、昨今は科学者のみならず医学者、医療関係者などあまり目に見えないものは受け入れない傾向の職種の方にも認知され、拡大されている勢いである。我々医療関係者は、さまざまな方面から患者様に生じている現象を分析し、もっとも効率の良い治療法を提案、提供する役割をもつが、エネルギー科学という見地からどのような可能性があるかを論じてみたい。


6)16:10〜17:00(50分) 質疑応答


[夜の部]*別途参加費・申込必要

《共催企画》
「未来の医療」をホリスティックに考える 〜未来医療とホリスティック医学〜

18:00‐21:00

1)「私の未来医療・ホリスティック医学観」 稲葉俊郎(東京大学病院内科医)

2)「私のホリスティック医学・未来医療観」 長堀優(育成会横浜病院院長)

3)対談:「未来の医療の望ましい姿とは」  稲葉俊郎 × 長堀優
  進行:NPO法人日本ホリスティック医学協会副会長・降矢英成


■日時


2015年7月26日(日)


■場所


板橋区立文化会館 大会議室
http://www.itabun.com/access/index.html



■定員


200名


■販売価格


[昼の部] 4,500円(税込み)
*日本ホリスティック医学協会員で夜の部にお申込みの方は、3,500円となります。
お申込フォーム備考欄に「日本ホリスティック医学協会員」とご記入の上、3,500円をお振込みください。
  

[夜の部] 別料金
*共催の別企画につき、夜の部料金・お申込は別途必要となります。
*昼の部参加者は、割引特典あり

夜の部の詳細・お申込は、NPO法人日本ホリスティック医学協会 下記リンクよりお願い致します。
  http://jump.cx/sAe8i


■ご質問・お問い合わせ


お問い合わせはホリスティックヘルスケア研究所までお願い致します。

energy@energy-medicine.jp

※UTLヨガスクールへのお問い合わせはご遠慮下さい。


■講師


≪昼の部≫

降矢 英成(ふるや えいせい)
赤坂溜池クリニック院長
東京医科大学卒業。日本心身医学会専門医。NPO法人日本ホリスティック医学協会副会長。
医学生時代からホリスティック医学に関心をもち、バイブレーショナル・メディスン、フィールド、
生体マトリックス量子場脳理論などエネルギー医学のメカニズムに関心が強い。


寺岡 里紗(てらおか りさ)
NES HEALTH JAPAN
NES公認トレーナー、NESセラピープラクティショナー
次世代の医療、ヘルスケア、ヒーリングなどあらゆる領域の基本概念となる「エネルギーと情報」をベースとした「インフォメーショナル・メディスン(情報医学)」を日本に初めて紹介し、その啓蒙活動を展開中。
また、ボディ、マインド、スピリットをホリスティックに分析するシステムを使ったNESセラピー
のトレーナー及びプラクティショナーとして、その普及と教育にも従事する。


神尾 学(かみお まなぶ)
ホリスティックヘルスケア研究所所長
東京大学大学院修了(体育学・健康教育学専攻)。各種身体文化および健康法・代替療法の研究・指導に
携わる。エネルギー医学の基本概念として使われている「神智学」およびそれを引き継ぎ「エネルギー医学」の大元となり海外でも先端的研究者から高い評価を受けているアリス・ベイリー著“Esoteric Healing”の日本における研究・解説の第一人者。
著書に『秘教から科学へ』(出帆新社)、『人間理解の基礎としての神智学』『未来を開く教育者たち』
(コスモス・ライブラリー)等


渡辺 奈津(わたなべ なつ)
医療法人あすなろ会わたなべ皮膚科形成外科 理事長
併設 ホメオパシークリニック大阪にて 波動医療 を行う。ヒーリング・心理療法なども含め、世界中の一流の指導者に学ぶ。25年の医師としての臨床経験から、「人とは」「生きるとは」「死ぬとは」を掘り下げてきて、その真実をもっと人々に伝えたいという熱い思いをもつ。
著書に、「クラシカルホメオパシーガイド」等


≪夜の部≫

稲葉 俊郎(いなば としろう)
熊本県出身。東京大学医学部卒業。東京大学病院で内科医師(専門は循環器)を務めながら、2011年の
東日本大震災を機に、「未来医療研究会」を発足させて主宰として活動を行っている。優しい雰囲気でありながら、既成概念にとらわれずに「ぶれない心」を持ち続けているその生き方に多くの人が共鳴している。


長堀 優(ながほり ゆたか)
東京都出身。群馬大学医学部卒業。現在、育成会横浜病院院長。外科医としての長年の経験を積むとともに、
常に「望ましい医療」を求めて歩み、最近では、心と愛を大事にした医療を広く提案している。ベテラン医師ながらその温かくフレンドリーな態度・人間性は、医療界以外にも多くの仲間、同志を生んでいる。




「予約確認メールが届かない」というお問い合わせが増えています。

予約手続きの前に以下を確認ください。なお、予約申込後、メールが届かない場合は、

必ずホリスティックヘルスケア研究所ワークショップ予約センター ws@holiken.jp までご連絡ください。


<ドメイン指定受信をされている方へ>

携帯電話以外からのメールを受信できない設定の方は、「holiken.jp」ドメインからのメールを受信できるように
設定してください。

<フリーメール(Yahoo!メール、hotmailなど)をご利用の方へ>

迷惑メールのフォルダをチェックしてください。ホリスティックヘルスケア研究所からのメールが迷惑メールに
振り分けられている可能性があります。