[140112]1/12(日) 花粉症を和らげる経絡ヨガ

5,000円(内税)

  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons47.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />[140112]1/12(日) 花粉症を和らげる経絡ヨガ
購入数
■概要


<花粉症の対策は年明けから始めましょう>

春になると気が上衝して首から上に症状が出やすくなります。
つまり頭がボーッとしてのぼせている状態に似ています。
春はまた『肝』の気が変動しやすく瘀(お)血(血行不良による古血)がたまりやすくなります。
その瘀血は気の上昇とともに首から上に上がって行き、
目、鼻、のどなどの症状となります。
足元が冷えると冷えのぼせになり更に気は上衝しやすくなります。
(暖房などで熱せられた暖かい空気は上に行き、冷たい空気は下に行くのと同じ事が身体でも起きます。)

<このような花粉症の成り立ちをふまえて花粉症対策しませんか>

経絡ヨガは、ヨガが初心者の方や、運動が初めてのシニアの方にも
簡単でわかりやすい6種類のアーサナ(ポーズ)で「気」を巡らせていきます。
経絡は「気(プラーナ)」の通り道です。
12の経絡が臓腑と体表を結びながら全身をくまなく巡っています。
経絡の流れに沿って順番に6種類のアーサナをとることで全身の気の滞りが整っていきます。



【経絡ヨガの特徴】
・各アーサナに対応する経絡が明確である。
・経絡の流注に沿って順番にアーサナを進めていくので全身に気がめぐる
・1人~多人数に対して、体調の回復を促すことができる。
・セルフメンテナンスができる。
・経道(けいどう)をつくる。(体軸)
・他の経絡系ヨガのワークが更に深まる。
といったものがあります。



■プログラム


1、経絡の流れをなぞりながら理解
2、経絡ヨガの基本の6つのアーサナで気を巡らせていく
3、東洋医学の立場から花粉症の成り立ちを考察する
4、花粉症解消のためのアーサナ
5、花粉症の症状別養生法(つぼ、食養など)
・くしゃみ,鼻水がでて冷えると悪化するタイプ
・目が痒く充血して鼻づまりのあるタイプ
・寒さやストレスで悪化するタイプ
・後鼻漏

■日時


1月12日(日)15:00〜17:00

■場所


代々木アンダーザライトヨガスクール4F
http://www.underthelight.jp/misc/map.html
*開始15分前にUTLヨガスクール4F受付にお越しください。

■定員


20名

■販売価格


5,000円

※その他注意
ヨガができる体を動かしやすい服装でお越しください。
更衣室・ ヨガマットは準備してます。


■ご質問・お問い合わせ


お問い合わせはオーガニック整体院までお願い致します。
アンダーザライトヨガスクールへのお問い合わせはご遠慮下さい。

yoyogi@organic-seitai.jp

■講師プロフィール



金子 賀津子(かねこ かつこ)

剣道のコンディショニングのために始めたヨガの師の影響で鍼灸師に。
『気を』巡らせるヨガを楽しみながら、
teateセラピー・ヒーリングを取り入れた鍼灸施術で
クライアントの調和のとれた快適な生活をサポートしている。