[180610] 6/10(日)「はじめてのフェルデンクライスメソッド®〜身体訓練からの自己開発法〜」

5,000円(内税)

  • [180610]  6/10(日)「はじめてのフェルデンクライスメソッド®〜身体訓練からの自己開発法〜」
購入数
■概要


ソマティックエデュケーション(心と体を分けない身体教育)の
代表格の一つと言われる「フェルデンクライスメソッド®」。

世間での認知も徐々に広まり、 昨今では医療、芸術、またスポーツや教育などの
幅広い分野で画期的な身体アプローチの手法の一つとして注目が集まっています。

1940年代、物理学博士/教育者であるモーシェ・フェルデンクライスにより
体系化されたこのメソッドは、「ゆっくりやさしくからだを動かすこと」に
主軸が置かれた身体技法です。

私たち人間の行動は主に下記のものから構成されているといわれています。
それらは、「運動」、「感覚」、「感情」、「思考」の4つです。

それら4つの要素はお互いに深く影響し合い、どれか一つに何らかの変化が起これば、
それに連鎖して他の3つにも多かれ少なかれ影響があります。

フェルデンクライス博士が着目したのは、その中でも「運動」でした。

「運動」以外の要素はどこか輪郭がなく捉えどころのないものですが、
「運動=からだを動かすこと」は誰にでも明快で扱いやすく、
あらゆる人間の機能に相関しているためです。

つまり博士は、ある人間の「動き」に変化をもたらせることで、
その人間まるごとを変革できると確信していたのです。

レッスンでは、床の上でゆっくりとやさしくからだを動かすことで、
習慣化してしまったからだの動きに自ら「気づく」ことから、
動きの質や可動域の向上を目指してゆきます。

そのことによってからだがとても楽になるばかりでなく、
同時に感覚や思考の選択肢が増えていき、その人が本来持っている能力を
より十分に発揮することができるようになります。

今回は特別に基礎的なグループレッスン2種に加え、
その哲学や博士にまつわる講義なども踏まえながら、
より深くじっくりとフェルデンクライスメソッドの智慧を
皆様ご紹介させて頂ければと思っております。



《こんな方にオススメ》

はじめてフェルデンクライスをやる方
体に制限やストレスのある方
体に慢性的な痛みのある方
体の緊張が強い方
より機能的に体を使えるようになりたい方
体のバランスや柔軟性を向上させたい方
音楽、ダンス、演劇、スポーツ等のスキルをさらに磨かれたい方
より深くまで自分を内観したい方




■日時


6月10日(日)10:00-13:00


■場所


渋谷区代々木1-53-4 奨学会館別館2階




■定員


10名



■販売価格



5000円



■持ち物



水、動きやすく体を締め付けない格好



■ご質問・お問い合わせ



お問い合わせはホリスティックヘルスケア研究所までお願い致します。

ws@holiken.jp


■講師


ベーウィッグ 翠芳(すいほう)





国際認定フェルデンクライスプラクティショナー

東京都出身、19の時に単身渡米。
サンフランシスコ州立大学、幼児/青年発達心理学部卒業後、
5年ほど教職に就く。
20代半ばに大病に見舞われ、右半身の機能を全て失うが、
フェルデンクライスメソッドを通し目覚ましい回復を得る。

後にサンフランシスコにてInstitute for the Study of Somatic Educationに4年通い、
晴れて公認プラクティショナーの資格を得る。

2017より「Awareum〜からだと気づきの場〜」という名の学びの場を設け、
岐阜県郡上八幡と東京を行き来しながらワークショップを開催。

日々身体からの学びを人生の糧にできればとの思いから、
ブログも発信中:http://likeawildlily.blogspot.jp/