[170510] 5/10(水)「怒りに振り回されない自分になる講座 (2)」

3,000円(内税)

  • [170510] 5/10(水)「怒りに振り回されない自分になる講座 (2)」
購入数
■概要


相手に対する怒りをどう伝えたらよいかわからない
ついかっとなって言わなくてよいことを言ってしまう…。
そんな悩みをお持ちの方に、上手な感情の伝え方を学んでいただく講座です。

本講座はいま話題の怒りのコントロール方法、「アンガーマネジメント」と、
かつ、その感情をうまく相手に伝える基礎技法「アサーティブ・コミュニケーション」を
学んでいただくものです。

第2回目に取り上げる「アサーティブ・コミュニケーション」は、1960年代に米国でうまれました。

公民権や女性解放など、これまで社会的に抑圧されていた人たちが、
自らの主張を相手に受け入れてもらうよう生み出したコミュニケーション技法と言われています。

近年では、米国に限らず、日本においても、企業のマネジメントや社員教育、学校教育、
サービス業の現場等に広く活用されています。

長年かけて身についた言い方や態度はなかなか変えることができません。
それを訓練で変えていこうというのがアサーティブ・トレーニングです。

まずは、自分のコミュニケーションの癖に気付き、ロールプレイングを繰り返しながら、
自分の感情や要求、意見の適切な表現方法を身につけていくというのが主な訓練方法になります。

<こんな方におすすめ>

・怒りからくる衝動的な発言で、相手を傷つけがちな方
・つい部下を理不尽に怒ってしまいがちな管理職の方
・家庭でイライラして、日常的に子供やパートナーに怒鳴ってしまう方
・上手に怒りを伝えられず、よくいろんなことを根に持ってしまう方
・怒りを相手にぶつけた後で、後悔してよく自分を責めてしまう方
・特にストレスの高い仕事についている方
・指導的な立場にあり、模範的な言動が求められる立場の方

「この講座は単発でも受講していただけますが、こちらも事前に受講されることをお勧めいたします」
http://holiken.net/?pid=114042263


■プログラム


(演習やディスカッション中心に行います)

第2回:アサーティブコミュニケーション〜上手な感情の伝え方

・アサーティブ・コミュニケーションとは
・アサーティブに必要な4つの柱
・あなたのコミュニケーション上のくせを把握する
・感情を伝える時の「思い込み」
・伝える前に必要な「事実」「感情」「要求」
・相手も受け入れやすい枠組み「DESC法」
・ロールプレイング etc.




■日時


5月10日(水)19:00〜21:00



■場所


渋谷区代々木1-53-4奨学会館別館2F


<交通手段>
JR・私鉄各線「新宿駅」南口8分・新南口6分
 ※サザンテラスを代々木方面にお進みください。

JR・都営大江戸線「代々木駅」北口A3出口約2分

小田急線「南新宿駅」1分


■定員 


20名


■参加費



3,000円 

事前のお申込みをお願いしております。
やむを得なく当日現金のお支払いの場合
事務手数料500円を別途頂戴しております。
ご了承ください。



■持ち物


筆記用具、ノート


■ご質問・お問い合わせ


お問い合わせはホリスティックヘルスケア研究所までお願い致します。

ws@holiken.jp


■講師




朝生 容子(あそう ようこ)


キャリアコンサルタント、
日本アンガーマネジメント協会認定シニアファシリテーター


約25年間、会社員生活を送るが、仕事の忙しさや人間関係の悩み等で体を壊したことから、
メンタルヘルスやキャリア構築に関心を持つようになる。

2012年にカウンセラー、研修講師として独立。

現在は、年間200名以上の個人からのキャリア相談に乗るほか、
コミュニケーションやキャリアデザイン等の研修講師として活動している。

【主な資格】

2級キャリア・コンサルティング技能士(熟練レベル)
産業カウンセラー
メンタルヘルスマネジメント検定ラインケアコース
アンダーサライト TT3修了(23期)