[161210]12/10(土)ゲリー・リース博士による コーマワーク 基礎編 

25,000円(内税)

  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons50.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />[161210]12/10(土)ゲリー・リース博士による コーマワーク 基礎編 
購入数


*大変ご好評をいただき、満席となりました。
中級講座は残席がございます。
http://peatix.com/event/204556

基本は初級から受けるのをおすすめしておりますが、心理関係の学びをされたことのある方、
ボディワーク従事者は中級からの受講も可能です。

但し、内容的にコーマワーク経験者や学習者、中級者向けになることだけご了承くださいませ。


■概要



このワークショップはゲリー・リース博士来日記念シンポジウム&ワークショップの中の
基礎講座の申込みカートです。

シンポジウムの申し込みはこちら
http://holiken.net/?pid=108745171


〜”コーマワーク”の第一人者 ゲリー・リース博士来日記念  コーマワーク の基礎を学ぶ〜

このワークショップは、昏睡状態や遷延性意識障害、認知症など、
意識がないとされる人へアプローチする”コーマワーク” を学ぶ基礎講座です。

”コーマワーク”は、心理療法の1つである ”プロセスワーク” を使いながら
意識が障害されているとみなされている人たちともコミュニケーションをしていきます。

クライエントがいる世界に寄り添いながら話しかけ、発しているささやかなシグナル
〜まぶたの開閉、手足や肩の動き等〜を生かしながら、コミュニケーションを確立していきます。

このセミナーでは、コーマワークの中でも、特に身体に触れながらクライエントの体験を深めていく
”ハンズオン・ボディーワーク” (クライエントの身体に実際に触れていく関わり)を中心に
自分たちがクライエント役になることも通して、意識がない人との関わりを学んでいきます。

プロセスワークでは、身体は、夜見る夢と同じようにその人の人生の深層を映し出していると見ます。

ー夢のような素材に満ちた身体が、私たちにささやきかけ、表現したがっていることを汲み取るー

ワークショップの中で、そのようなトレーニングをし、また、この深淵な体験を用いながら
日常生活にどのようにこの力と知恵を統合することができるかについて学んでいきます。



◼こんな方を対象とするワークショップです



意識のない方とのコミュニケーションで大切な、繊細さと注意深さを学びたいすべての方へ。

介護、医療、看護に携わる方
身近でケアをする方がいらっしゃる方
心理関係者
クライエントとより深く細部な部分での関わりを構築されたいボディワーカー


■プロセスワークとは


プロセスワークとは、チューリヒのユング研究所でユング派分析家として活躍した
アーノルド・ミンデルにより生み出された心理療法の一学派です。

プロセスワークの基本的な考え方は、症状や問題(組織、対人関係、身体症状などの問題)は
何かの意図が背後にあって起こっている(目的論)というものです。
症状や問題とされるものの背後にある“意図” に気づきを向け、フィードバックに沿って
十分に意図が表現されるようにサポートすることで、症状や問題が消失したり、関係が変化したりします。
この基本的な考え方は多様な領域に適用され、昏睡状態の人へのアプローチ(コーマワーク)や
国家や地域間などの社会的な問題へのアプローチ(ワールドワーク)など、心理療法の垣根を超えて
多様な領域へと広がっていっています。



■コーマワークとは



コーマとは、“昏睡”、ワークは“取り組み”を意味します。
昏睡状態や遷延性意識障害など、意識障害の方へのプロセスワーク流アプローチです。
“回復させる”ことがゴールなのではなく、あくまで患者さんの心理的状態についての仮説を立て
患者さんのフィードバック(呼吸の深浅、指先やまぶたなどのささやかな動き等)に従いながら
アプローチしていきます。
家族や友人など大切な人との関係性も昏睡状態に陥ったことの“意図”に関わる場合には
関係性に関してのカウンセリングも行っていきます。こうした丁寧な関わりを積み重ねることで
時には昏睡状態から覚醒したり、コミュニケーションが可能になることもあります。



■ゲリー・リース博士のワークショップを受けての感想 



私は2015年11月のゲリー博士来日時のコーマワークのワークショップに参加しました。
そこで幸運にも博士自らのデモセッションを体験させていただきました。
もちろん私はコーマ状態のクライエント役です。そこでおそらく生涯忘れることは
ないであろう、人生で最も深い施術体験をしました。

私は当然、コーマ状態の役ですから、自ら意識的反応は全くしていないのですが、
ゲリー博士が私の身体に現れる無意識的反応、反射を読み取りながら、触れ、
「そうか、いいね!」、「ここが力強く反応しているね」・・等、声掛けをし、
揺らしたり、タッピングしたりと身体に働きかけていくと、私はだんだん
意識が遠のいていくような、それでいて周囲の状況が明晰にわかるような
非常に不思議な感覚になりました。

そこから約30分くらいだったようですが、周りに見学者も多くいる中にもかかわらず、
受けている場所がどこかわからないような、まるで夢のようなとてもとても深い
状態になりました。意識がありながら、あのような状態になったのは後にも先にも
その時だけです。

そこからセッションが終わり、ゆっくり起き上がっても完全に自分の普段の意識に
なるまで一時間以上要しました。

セッション後の私は、今までにない非常に深いところで癒されたような感覚があり、
呼吸も深くなり、精神的にも深い充足感を感じる状態が続きました。

ゲリー博士はコーマでない方に対してはディープなボディーワークにもなりうると
仰いますが、まさにそうでした。ただのディープで言い表せないくらい、
最深のボディワークだと感じました。

その後、日本ホリスティック医学協会の関係で、病院内で継続的に
コーマワークを提供されている、シンポジウム登壇者の行徳病院の岩村先生を取材しました。

岩村先生は診療報酬体系の枠組み内でコーマワークを提供されておられます。
おそらく世界でも類を見ないことではないかとおっしゃっていました。

実際に入院されている遷延性意識障がい者へのコーマワークの提供現場の見学しましたが、
そこで私はワーカーと患者さんとの間に、深いコミュニケーションの交流があるのを
ありありと感じました。これは、僕のコーマの方に対する「コミュニケーションが
取れないのではないか」という価値観を一変させる体験でした。

その後、コーマワークをご自身の家族に施されて、最期のコミュニケーションが
取れたことで本当に良かったというワーカーの方のお話などをお聞きし、
超高齢化社会がやってきて、コーマの方もさらに増えると予想される日本において、
とても求められている技術だと、強く感じました。

世界各国から招かれ、本来なら、数年ごとに来日するゲリー博士ですが、
ぜひ多くの方にこのワークを知ってほしいという要望に答えていただき、
アジアからアメリカに戻る際に立ち寄り、今回の講座を提供していただくことになりました。

周りに、コーマワークの対象な方がおられる方はもちろんですが、
ボディーワーカーの方にもぜひ受けていただきたいと心から思います。

身体を通じた無意識の雄弁さに気づくこと、身体の声の聴き方が大きく変わること
間違いありません。

ご参加お待ちしております。

ホリスティックヘルスケア研究所 有本匡男


■プログラム


・コーマワークの理論
・コーマワークの実践
・質疑応答

このワークショップには日本語の通訳が入ります。


■日時


2016年12月10日(土)
10:00〜17:30 休憩 1.5H


■場所


中央区新川区民会館
和室

〒104-0033 新川1-26-1

東京メトロ日比谷線または東京メトロ東西線茅場町駅下車1番出口 徒歩10分


■定員


30名


■販売価格


一般価格 25,000円(税込)
学生割引価格 20,000円(税込)

学生の方は、備考欄に学校名を記載ください。

※お支払は銀行振込でお願いします。
※当日現金でお支払の場合は、事務手数料として別途500円を頂戴します。


■持ち物


筆記用具 横になれる服装


■ご質問・お問い合わせ


お問い合わせはホリスティックヘルスケア研究所までお願い致します。
ws@holiken.jp
※UTLヨガスクールへのお問い合わせはご遠慮下さい。


■講師


ゲリー・リース博士( Gary Reiss, PH.D)



ゲリー・リース博士( Gary Reiss, PH.D)
ゲリー博士は、ソーシャルワークの修士号と心理学の博士号を取得しており
プロセス指向心理学の認定トレーナーとして25年余りアメリカでプロセスワークを教えています。
また開業の心理士として35年のキャリアを持ち、家族療法・カップルセラピー、特に親密性や怒り
性の問題を扱うスペシャリストとして、また昏睡状態の方やそのご家族への関わり(コーマワーク)
を発展させてきました。また国際的なファシリテーターとして、パレスチナ・イスラエルでの
対立のファシリテーションを長年行っており、個人のトラウマを、個人のレベルと共に
コミュニティのレベルで取り組む方法を編み出し、発展させてきました。以下の著作の著書でもあります。

"Changing Ourselves, Changing the World" " Vital Loving" " Angry Men, Angry Women,
Angry World" "Leap Into Living" "Beyond War and Peace in the Arab Israeli Conflict"
"Inside Coma" with Dr. Pierre Morin. "Conscious Sexuality" "Dreaming Money"
"Families that Dream Together"


「予約確認メールが届かない」というお問い合わせが増えています。
予約手続きの前に以下を確認ください。なお、予約申込後、メールが届かない場合は、
必ずホリスティックヘルスケア研究所ワークショップ予約センター 
ws@holiken.jp
までご連絡ください。

<ドメイン指定受信をされている方へ>
携帯電話以外からのメールを受信できない設定の方は、「holiken.jp」ドメインからのメールを
受信できるように設定してください。
<フリーメール(Yahoo!メール、hotmailなど)をご利用の方へ>
迷惑メールのフォルダをチェックしてください。ホリスティックヘルスケア研究所からのメールが
迷惑メールに振り分けられている可能性があります。